☆ MENU① ☆ MENU② ☆ MENU③ ☆ ALL ☆ RSS ☆

09 « 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 » 11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 

常識知らずと遠回しに言われた日

こんばんは。
最近、ブログ書きたいなーと思っていても、なかなかスマートホンで更新するのが面倒くさくて
なあなあ(?)になってしまっていました。
あ、ちなみに2週間前くらいにXperiaからiPhoneに機種変更したんですが、結構まぁ後悔しました。←

今はネカフェでお吸い物をすすりながら久々にパソコンのキーボードを叩いています。快活クラブ最高。\(^o^)/


まぁ今に始まったことではないんですが、仕事がストレスで仕方ない。
仕方なくて仕方なくて、昨日はほんとに、つらいと思った。

弊社は所謂ホワイト企業なので、過労とかそういうあれでは全然ないんですが、
仕事がつまらない上に、それ以前に社会に対する適応性が自分にはないな、と感じさせられる場面が多い。

せっかく大学で哲学を学んで、人生変わったかも!と思えたのに、昨日の私は、私が今までやってきたことが、
逆に私を苦しめてくる、と感じてしまいました。

社会は、理論がめちゃくちゃなのに成り立っている。
めちゃくちゃな理論で書いた論文に厳しく指導されていた頃と、全然違う。
筋道がわからなくて、理不尽なことがいっぱいあるのに、いろんな意味で語り合う場がない。
みんな自分の権力性に対して無自覚でいる。

私はこれから先も、いろんな立場の人の、みんなの気持ちをわかってあげたいし、寛容でいたいと思う。
けれど社会はそうではない。
しかも、私だって、ほんとうは自分のことしか考えられていない。

せっかくこれまで得てきたものを壊されそうになって、怯えて、適応することを拒んでいる。
なんとか、壊さずに、むしろ育てながら、わたしは社会の中でも生きてゆければいいのだけれど、
もし、それができないのなら…と思う瞬間も、たくさんある。

他人と生きるということは、思ったよりも全然、ものすごく困難なことなんだと思います。
そして不思議で仕方ない。


昨日は、落ち込んでいた私をみて、たくさんの(?)友人が心配してくれました。
本当にありがたいと思いました。
なんとか少しだけ立ち直りました。

なんだか、いつまでも昔の居場所に縋ってしまうところがあります。今もそう。
スポンサーサイト
日々 CM[0] TB[0] 

仕事

このブログを更新するのが何年ぶりなのかもよくわかりませんが、わたしは一応死んでないです(苦笑)。

ここを離れている間、ほんとうにたくさんのことがありました。
よくわからない弱さで憂鬱になって、しばらく授業に出られなくなり、最初に入った研究室にも行かなくなりました。

なにがきっかけだったのか、久しぶりに学校に行って、思想の授業をとりました。
そこである先生に出会い、それまで生きてきてやっと、勉強することの意義や楽しさを得ました。
先生の研究室で毎週、夜までみんなと語り、学びあったことはほんとうに幸せで、わたしの大切な財産になりました。

卒論も、今までの自分の中に抱いていた違和、そして自分自身に深く関わるテーマを研究しました。
ひとは生きながらにして自分自身についての説明(表現?)を求められている気がする。そしてそのことがどうしてわたしにとって苦痛に感じられるのか。
バトラーのアイデンティティにおける思想に着目し、フーコーともちょっと関わりながら、自分自身を説明するってどういうこと?、というテーマで書きました。時間がなくてフーコーはちゃんと読めなかったのが心残りですが……。
論文の執筆を通して、わたしはなん回りも成長(というとなんだか安っぽくなるが)できた気がします。
もし論文が気になる変わり者がいたら声かけてください、機嫌が悪くなければおそらく喜んで話します←




という感じで無事に4年で大学を卒業し、現在は某大手金融機関で次期コンサルタントとして育成されているところです……
あのときこのブログを更新していたキラキラの高校1年生はどこかに消えました……笑

お金ってほんとになんか、アレだなって感じです、うん(?)
そしてわたしが学んできた哲学は、社会と学校、そして私自身との隔絶を感じさせてきます。

果たしてまゆぽよはこの仕事を何年続けられるのでしょうか?!

乞うご期待(?)。
日々 CM[0] TB[0] 

息苦しさ

昨夜、サークルの追いコンがありました。

2年生になってから入ったサークルなのでよく分からない人もちらほらいましたが、
中にはフレンドリー(?)に話してくださった先輩もいて、楽しかったです。
4年生と3年生は仲がよくて、すごく感動的でハイクオリティーな会ですごいなぁと思ったのですが、
一つ上の先輩、一つ下の後輩たちと、2年生の繋がりにすこし不安になるような感じもしました。

「無意識的に仲良くなる」のと、「仲良くしようと努力する」のは、結果的に違うものになると思います。
大学、それまでの高校、中学の人付き合い・友達関係を思い出してみると、
仲良くしよう、仲良くなりたいと意識して焦ると、わたしの場合は上手くいかないことばかりで、
何も考えず、ただ普通に、集団の中で過ごしているうちに仲良くなると、いい友達になっているような気がします。

そう思うときは、努力しなければ居場所を作れない(=今のままでは居場所がない)と
心のどこかで感じていて、必死になっていたのだと思います。
そういうふうに思わないで友達を作ったこと、大学に入ってからは本当に無いなぁ。
自分の心に余裕がなくなったのかなんなのか、気性が合わない人ばかりなのか、
今までとは一体何が違うのか、考えてもよくわからないことだらけです。
人付き合いは本当に難しいです。

春から本格的に始まる研究室では、あまり深く考えずに身を置いていきたいです。
日々 CM[0] TB[0] 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。